株式会社ながの地域福祉サービス

株式会社ながの地域福祉サービスは介護保険事業を中心に地域の福祉創造する会社です。

〒381-3203 長野県長野市中条2294番地7

TEL:026-268-3877

株式会社ながの地域福祉サービス

令和2年4月信州長野市中条に看護小規模多機能型居宅介護事業「燦倶楽部 中条」オープン!

令和2年4月信州長野市中条に看護小規模多機能型居宅介護事業「燦倶楽部 中条」オープン!

令和2年4月開所に向けて詳細は、ブログにて配信!!

新型コロナウィルス対策

 燦倶楽部 中条 看護小規模多機能型居宅介護としまして、日頃より手洗いやうがい、消毒液による消毒、家具・手すりなど一日数回、消毒液による拭き掃除を行っております。

 また、24時間換気による空気の入れ替えを行っております。

 スタッフも日頃からマスクを着用しておりますが、マスクができない状況(入浴介助など)もありますが、その場合にはできるだけ感染をしない配慮を行っております。

 スタッフも日頃より、体温等体調管理に気を付けております。

 現在、燦倶楽部中条は、開所したばかりですので、ご利用者の登録も少なく、比較的安全にご利用ができます。

 また、訪問・通い・宿泊を同じスタッフで対応しています。訪問看護も行っております。

 今ご利用中の、デイサービスやショートスティ、ヘルパーなど、新型コロナウィルスにより利用ができない場合になども、燦倶楽部中条では、柔軟に対応ができます。

 体調不良などで、通院ができない場合なども、看護師による訪問も可能です。

 施設入所の方も、現在安全な施設入所ではありますが、面会の禁止や、外出禁止となっております。

 看護小規模多機能型居宅介護は、施設の地域版でもあります。自宅で生活することで外出や面会も通常に行えます。施設入所をお考えの方は、ぜひご相談ください。

 病院も現在、新型コロナウィルスによりいつもとは違う体制になっております。

 退院後も、看護小規模多機能型居宅介護で自宅での生活を柔軟に、手厚く対応ができます。

 退院が決まるも、心配な方、退院を希望される方はご相談ください。

 新型コロナウィルス発生時には、濃厚接触ではないスタッフによる、訪問の体制を行います。

「看護小規模多機能型事業所」とは?

介護保険の要介護度1から要介護度5の方がご利用いただけます。

訪問(ご自宅へ訪問)・通い(事業所で過ごします。ご自宅まで送迎いたします)・泊まり(事業所で宿泊ができます。ご自宅まで送迎いたします。)を組み合わせて、いつまでも住み慣れたご自宅で生活が続けられるよう支援を行うサービスです。訪問・通い・泊まりに関して「同じスタッフ(顔見知りのスタッフ)」が支援を行いますので、ご利用者も戸惑うことなくご利用いただけます。訪問・通い・宿泊をすべて利用するのではなく、どれか一つからでも利用可能です。

訪問

ご利用者のご自宅に、看護師・介護士が訪問をいたします。

【主な内容】

看護師

主治医の指示による医療行為・主治医との連携

服薬の管理・薬剤師との連携

医療相談

緊急時の対応(主治医・救急車が到着するまでのサポート)

最期まで自宅で生活を続けたい方への医療サポート・看取りの対応など

介護士

身体の介助(食事や入浴、トイレの介助など)

日常生活のサポート(食事つくり・部屋の掃除など)

自立生活へのサポート(ご利用者と一緒の食事つくり・リハビリのサポート)

地域活動へのサポート(地域会合や趣味の会への参加サポート・送迎など)

通院への対応(通院の送迎・通院準備から通院へのサポート)

原則24時間365日対応します。

夜間など、心配がある場合も対応をいたします。

【協力医療機関】

金木内科クリニック・安茂里堀越内科クリニック・更水医院・コスモス在宅クリニック(往診専門)・中条歯科診療所

 

★チェックポイント

◆訪問介護(ヘルパー)との違い

訪問介護と通常の訪問看護は、利用ごとに利用料が必要になります。また、利用時間・利用の内容(訪問介護は、できることとできないことがあります)が決まっています。

看護小規模多機能型の訪問介護・訪問看護はご利用者の希望や状況に応じて、利用回数・時間・内容を柔軟に決めることができます。利用料金が月額制なので、追加利用の場合でも、料金が増えることがありません。

 

例えば…このような利用ができます。

 

● 薬が飲めているか心配

  毎日朝・昼・晩と服薬確認に、10分ほどの訪問を行います。

● ベットで寝たきりに体位交換をしないと…

  日中に2時間体位交換に、10分ほどの訪問を行います。

● 食事つくりが大変

  夕飯を一緒に作るために、1時間の訪問を行います。また、通いで調理したお弁当を届けることもできます。

● お茶のみサロンへ行きたいけど、足が悪くて

  燦倶楽部中条の車で送迎を行います。時々一緒に参加します。

● 通院が遠くて大変

  燦倶楽部中条で送迎を行います。必要に応じて、受診もご一緒します。透析の方も通院の送迎を行います。

● 買い物もお店まで遠くて

  日常に必要な物であれば、買い物を行い、訪問時に届けることができます。また、リハビリを兼ねて一緒に買い物に行くことも可能です。(送迎を行います。)

● 出かける準備が大変

  出かける準備(更衣など)からお手伝いすることができます。

● 訪問でご利用者宅へ伺ったら、体調が悪いようだった…

  訪問の介護士・看護師が自宅で過ごすことが心配と判断した場合は、主治医や協力医の受診や往診・燦倶楽部中条の通い・宿泊を組み合わせての利用を行います。

 

※訪問の交通費、送迎は地区内・市内は無料です。遠方になる場合は燃料費などを頂く場合があります。

通い

日中など、燦倶楽部中条で、過ごすことができます。

【主な内容】

健康確認・健康相談 看護師によるバイタルの確認や健康相談を行います。
食事の提供 台所で調理を行います。ご利用者の皆様とメニューを決め、必要な材料の買い物。調理も一緒に行います。時々外食も行います。お弁当希望の方へのお弁当調理も一緒に行います。身体の状況に合わせた食事メニューも調理します。
入浴の提供

少し広めな入浴設備があります。お一人で入浴することができます。

お一人暮らしで入浴が心配な方。身体の状況で自宅での入浴が難しい方などどなたでも入浴ができます。介護士がおりますので、必要な入浴介助も行います。入浴時間は決まっておりませんので、いつでも入浴できます。

必要な介助 ご利用者の身体状況に合わせた身体介助を行います。
自立生活への
サポート

自宅ではなかなかできない、日常生活での家事なども一緒に行いながら、リハビリを行います。ご利用者の趣味などの活動を一緒に行います。近くへの散歩・近くの畑での農作業・地域の活動への参加を一緒に行います。

同じ建物内の地域交流スペース(喫茶)のお手伝いもリハビリを兼ねていかがでしょうか?ぜひ、料理の腕を振るってくださいね。

その他、運動なども行います。

 

★チェックポイント

◆通所介護(デイサービス)との違い

通所介護(デイサービス)は、日中に限られ利用時間も決めっています。

例えば朝の9時から夕方4時までの利用時間であれば、基本的には利用時間内、事業所で過ごすことになります。また、利用ごとに利用料が必要になります。

看護小規模多機能型の通いは、日中の利用が基本になりますが、利用時間が決められておりません。また、利用料が月額なので、利用回数・時間によって利用料金が変わることはありません。

 

例えば…このような利用ができます。

 

● 日中は自分の事を行いたい

  夕方、燦倶楽部中条でお迎えを行い、入浴、夕食を食べて、ご自宅へお送りします。

● 今日は朝早く介護者がでかけたい

  希望のお時間にお迎えに伺います。朝食も燦倶楽部中条で食べることも可能です。訪問と組み合わせて、ご利用者の準備から介助することも可能です。

● 介護者が仕事で遅くなりそう

  仕事が終わり、介護者さんがご自宅へ帰宅する時間に合わせて、ご利用者をお送りいたします。夕飯も燦倶楽部中条で食べることが可能です。また、介護者の帰宅前でも訪問と組み合わせて、ご利用者をご自宅へお送りすることも可能です。また、宿泊と組み合わせてそのまま、燦倶楽部中条で泊まることも可能です。

泊まり

燦倶楽部中条で泊まることができます(宿泊費は別途必要です。)

介護士又は看護師も24時間おりますので、必要な支援を行います。

【主な内容】

個室での宿泊 個室が4部屋と、和室(個室に変更可能)が1室備え、5名の宿泊ができます。
宿泊時の介助 宿泊時、介護士または看護師が夜間を通しております。ご利用者に必要な介助を行います。
食事の提供 朝晩の食事を台所にて調理を行います。
夜間の支援

本来、人は夜、眠れるはず…という考えのもと

夜間に眠れない要因は様々です。宿泊を通して、要因は何かを確認をします。要因は病気だけでなく服薬や生活リズム、心の病など様々です。ご利用者と要因を見つけ改善することで、自宅へ戻られても夜間、眠れるように対応を行います。介護者の睡眠の確保や地域での心配を減らしていきます。

退院時のサポート 病院から退院が決まるが、ご利用者も介護者もすぐに自宅へ帰ることに心配や不安がある時など、しばらくの間宿泊を利用し、自宅での受け入れ準備やご利用者のリハビリを行うなど、自宅へ戻るための準備として利用することができます。ご利用者の支援プランの作成や、介護者の心配や不安などご相談いただけます。

※日中は、通いのサービスをご利用いただきます。

※退院時のお迎え(介護者も乗車できます)、ご自宅の送迎も燦倶楽部中条で行います。

 

★チェックポイント

◆ショートスティとの違い

ショートスティの利用は、緊急時を除き予約が必要で、1か月前からの予約や空きが無いと希望通りに取れないという場合もあります。また、緊急時も空きが無いと利用できないこともあります。

事業所が遠い場合は送迎もできないというところもあります。

また、事業所の都合で、お迎え、お送りの時間も、希望に添えないこともあります。

看護小規模多機能型の宿泊は、空いている場合は予約がなくてもいつでも利用ができます。(事前予約も行えます。)

また、日中は通いと組み合わせて、お送り時間やお迎えの時間もご希望に合わせることができます。

訪問と組み合わせて、宿泊利用前のご自宅での準備やご自宅へ戻られてからの対応なども行うことができます。

看護小規模多機能型の宿泊、1泊3,000円です。介護保険のショートスティをご利用の方にとっては負担が増えます。しかし、日常も訪問・通いを組み合わせることで、ご利用者の自宅での生活維持を行い、本当に必要な時に宿泊を利用することができます。また、訪問・通いで顔見知りの介護士が宿泊も対応しますので、ご利用者も顔なじみの場所で落ち着いて利用することができます。

日常も、自宅で過ごし、必要な訪問・通いを利用することで介護者の負担を減らし、ご利用者も住み慣れた自宅・地域で落ち着いて生活が行えます。

その他、このような状況や心配がありましたら、ぜひ、ご相談ください。

Q

介護保険を利用したことが無い。そもそも介護保険を申請したこともない。

A

燦倶楽部中条は介護保険の制度開始当時から、介護保険に熟知した担当者・ケアマネジャーの経験者がおります。そのため介護保険の相談から、ご利用者・ご家族の代わりに介護保険の申請書作成、ご利用までの支援を行うことができます。もちろん、相談の結果、サービス利用をしない。また、他の事業所の介護サービスを利用することも可能です。お気軽にご相談ください。

Q

現在、介護保険サービスをご利用の方。
もう少し介護サービスを増やしたい…増やせたら…と思っている方。
介護度別の限度額を使い切っている又は限度額を超えて実費を支払っている。
介護サービス事業所から対応できないと言われてしまった…など。

A

燦倶楽部中条は、事業所から車で15分から20分で伺える場所をサービスエリアと考えています。そのため、数カ所巡回することができ、対応ができる時間が増えると考えています。
利用料も、月額で決まっていますので、限度額を気にせず、訪問・通いなど必要な時間・回数を柔軟に利用できることができます。

Q

車の運転が心配…タクシーなど通院も費用がかかる…

A

看護小規模多機能型の支援の中に、訪問による日常生活での通院や外出介助も含まれています。
通院・地域で参加をしていた趣味活動・集まり・日常生活に必要な買い物など、燦倶楽部中条の訪問支援として介護士が運転を行い、事業所の車両を利用することができ事業所車両の利用料は、月額の利用料に含まれております。しかし、市外など遠方を利用の場合は燃料代等いただく場合があります。

Q

一人暮らし。高齢者二人暮らしなど…心配や不安・家族が遠方におり、親の生活に心配や不安…

A

24時間365日の対応が原則になっています。夜間も当番制で介護士・看護師が電話対応の体制をとっています。一人で生活することの不安や心配。介護をされる方は、いつも心配をしています。また遠方にお住いのご家族の方もご心配もあるかと思います。不安や心配な時は、いつでもご連絡をいただき対応できる体制をとっておりますので、安心してお任せください。

Q

一人暮らしに…家族の介護に…限界を感じている・施設入所をすすめられているが…

A

一人暮らしで不安をお持ちの方。また、家族介護に限界を感じている方。まずはご無理をなさらないでください。施設入所も大事な選択の一つです。しかし、まだ迷いがあるようでしたら一度ご相談ください。ご相談のうえ、施設入所が一番良い選択であれば、迷いや不安も少なくなります。
ただ、燦倶楽部中条の支援で、介護負担が少しでも減り、自宅での生活継続ができるかもしれません。大事な選択です。後悔が少しでも減らせるよう、色々な方向から話を聞いてみてはいかがでしょうか。

Q

最期まで自宅で暮らしたい。最期まで自宅で介護していきたい。

A

燦倶楽部中条は、訪問の対応や通院への付き添いなども行います。また、主治医や協力医との連携を行い、お一人暮らしの方でもご希望があれば、ご自宅で最期まで生活を行う支援を行います。協力医の先生に訪問診療や緊急時の対応をお願いしておりますので安心してご相談ください。
また、権利擁護(成年後見制度)の相談も担当者と連携をとることができますので、ご相談ください。

その他

【医療機関との連携】

訪問看護を利用する場合など医療機関(主治医・協力医)の指示書が必要となります。自宅でのご様子を医療機関と相談を行うことが決められております。また、歯科医師・薬剤師とも協力機関としてお願いをしています。ご利用者の状況に合わせて、主治医から協力医への変更や退院時、状況に合わせた協力医の紹介も行いますのでお気軽にご相談ください。

【地域との連携】

燦倶楽部中条内には地域交流スペースを備えています。お気軽にお茶や談話ができるスペースでどなたでもご利用ができます。また、小さな厨房を完備していますので、今後は喫茶をオープンし軽食などもお出ししたいと考えています。また、地域の方々がお弁当や軽食なども運営いただけるとありがたいと考えています。また、地域の色々な団体様とも相談をし、地域で必要な支援を行えればと考えています。
また、燦倶楽部中条だけでは、ご利用者、介護者を支えることはできません。ご利用者がお住いの地域で、ご近所の方、組長さん、民生児童委員さんとも情報共有を行いながら、お互いにできることを協力し、安心・安全に生活が継続できるよう連携を行います。

【地域施設との連携】

燦倶楽部中条を利用すると、他の事業所の介護サービス(ヘルパー・デイサービス・ショートスティ)を利用できなくなります。しかし、ご利用者の状況や介護者のご希望等により、お住いの地区の介護事業所・介護施設と連携を行い、ご利用者や介護者にとって一番適した介護サービスを紹介やご提案を行います。

ご利用に関しての注意点

※看護小規模多機能型居宅介護支援の利用料は訪問(介護・看護)・通い・宿泊(宿泊費は別です。)の介護サービスがすべて入り、月額で利用料が決まっています。

 但し、緊急時の対応等によっては加算として費用が別途必要なる場合があります。

※利用料が月額で決まっているため、現在介護保険サービスを利用している方によっては負担が増える場合があります。

※他に、食料材料費(朝・昼・晩・おやつ)・宿泊費・日用品費などは、ご利用分を別途必要になります。

※看護小規模多機能型居宅介護支援では、現在介護保険サービスを利用しているサービス(燦倶楽部中条以外での事業所のヘルパー・デイサービス・ショースティ)は原則利用できなくなります。

※ケアマネジャーは、当施設のケアマネジャーに変更になります。(担当者ケアマネジャーの方としっかり引継ぎを行います。)

※現在、受診されている主治医と連携を行いますので変更は必要ありません。しかし、ご利用者の状況・当事業所との連携状況などにより、当事業所の協力医に変更をお願いする場合があります。

ご利用料金

■ご利用料金(1ヶ月のご利用料金)

介護度 基本料金 総合マネジメント
体制強化加算
処遇改善 1割分合計
要介護度1 12,611円 1,017円 1,383円 15,011円
要介護度2 17,646円 1,017円 1,894円 20,557円
要介護度3 24,807円 1,017円 2,620円 28,444円
要介護度4 28,135円 1,017円 2,959円 32,111円
要介護度5 31,824円 1,017円 3,333円 36,174円

※※上記の料金表は、基本料金です。利用状況により加算・減算があります。詳しくは、お問い合わせください。

※2割・3割負担の方は、上記の金額の2倍・3倍となります。

■その他のご利用料金

宿泊費(1泊) 朝食費(1食) 昼食費(1食) 夕食費(1食) 日用品・レク
3,000円 300円 600円 300円 使用分
宿泊費(1泊) 3,000円
朝食費(1食) 300円
昼食費(1食) 600円
おやつ(1食) 100円
夕食費(1食) 300円
日用品・レク 使用分

 

【ご料金の比較】

例えば…

● 在宅(燦倶楽部中条も含む)

  自宅で暮らし、介護サービス(定期的な宿泊)を利用する介護度に応じて、2万5千円から5万円 位

● 有料老人ホーム

  施設で暮らし、介護サービスを利用する。介護度に応じて20万円~

● 特別養護老人ホーム

  要介護度3以上からの入所施設。介護度に応じて 8万円~20万円

 

※上記金額は利用した分をご請求いたします。

※状況により金額が変更になることがあります。(事前にご説明をいたします。)

※日用品は、施設の物を使用したときにご請求いたします。(ご利用者がお持ちいただいた場合は、費用はかかりません。)

 

ご請求は、1ヵ月ごと金額をまとめ、ご利用月の翌月にご請求をいたします。

燦倶楽部中条に関して、お聞きになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。
その他、介護保険に関わること(申請や介護保険サービスについて)などもお気軽にお問い合わせください。相談や代行申請などは無料で行います。

【お問い合わせ先】       

電 話 026-267-3977

FAX 026-267-3978

メール nakajyou-kangosyoukibo@sunclub-care.jp

担当:夏目・三澤・傳田

信州中条で看護小規模多機能型居宅介護事業所を開所する理由

なぜ?高齢化率50%越え 中条の山間地域に「看護小規模多機能型居宅介護事業」を開所するのか。

信州は、北信にある長野市。長野県の県庁所在地です。中心市街地は北陸新幹線が発着する長野駅周辺です。市内には南北に流れる千曲川沿いに長野盆地が広がります。都市化が進む中心市街地から車で西へ30分。平成の大合併で、中条村から長野市中条となった地域です。

数十年前は、人口3,000人。今は、1,600人を切り、毎年60名ずつ人口が減少しています。

理由の一つは、高齢化。高齢化率50%を超えています。ここで、皆さんが「高齢化で亡くなるから人口減少か・・」と想像しますが、それだけではありません。

確かに、亡くなる方もいますが・・それよりも、中条地区を離れてしまう・・と言うのも原因の一つです。

ここをお読みいただいている方も、親が遠方に住んでいる・・と言う方も多いのではないでしょうか?

地域の高齢化が上がる理由は、時代の流れで、都市部へ若い人たちが住宅を造り、生活することにより、山間地域で同居が減っていることです。しかし、これは仕方がないことです。当時は、親も若く子も若く、生活の多様化が進む中でした。その時は何にも問題はなかったのです。

しかし、自分の親も80歳を超えると・・遠くに住む子供としては、一人暮らし、夫婦暮らしの親が生活ができているのか?と、心配が出てきます。

親の身体も心配ですが、物忘れなどで、火事など起こし近所に迷惑をかけないか。

一人きりで、誰とも関わらず、寂しい思いをしているのではないか。

最近様子を見に行ったけど・・なんか、おかしなことを言っていて心配だ・・

 

などなど・・・

 

親へ思い、心配が先立ち、親が住み慣れた実家から、子供達の住むところへ・・

又は、良い施設があるからと、そこへ入所して、自分の近くで生活をしてもらおう・・

と思うのではないでしょうか。これが、中条地区を離れてしまう。人口減少の理由の一つでもあります。

 

高齢になり、住み慣れた自宅・地域を離れることは、ご本人はどう感じているのでしょうか。

実は、高齢者の方同士のコミュニケーションがあったり・・

ずっとやってきた、畑仕事があったり・・

もしかしたら、街中の高齢者の方より元気に生活ができている・・ということもあります。

ご家族が、一緒に、又は近くで住んでもらうために、ご本人の環境を変えることでご家族と近くで生活ができる安心・喜びはできます。しかし、長年積み重ねてきた関係性、環境を新たに一から作り直す・・という負担も出てきます。

どちらが良いかは、私自身も決められません。

しかし、山間地域にもっと気軽に、しかもご本人の生活に合わせた介護サービスの支援があったら・・・生活の選択肢を広げることができるのではないでしょうか。

 

実際に、高齢の方の生活にも大変なことがあります。

例えば・・・

昔ほど、料理を作るにも、手に力が入らない。野菜が切れないんだ・・・

お風呂に入るのも、一人ではやっぱり心配だ・・(ヒートショックが心配)

周囲に人がいないのは、何かと寂しいし、不安だな・・

何かあったときに、すぐ来てくれる人がいればいいんだが・・・

どこかへ出かけるにも、一人では行けなくて困っている・・・

畑にいのししが出て困っているんだ・・(さすがにこれは直接対応できませんが・・)

生活はしているが、年々、大変になってきている・・という状況もあります。

皆さんにお聞きすると、生活は大変じゃないけど、不便を感じる。と言っています。

その中でも、一番の心配は病気になったら、怪我でもしたら・・ここで生活できなくなってしまう。・・ということ。

それこそ、子供たちに迷惑をかけてしまう・・という心配もあります。

 

遠方に住む、親を想う子供の皆さんの心配

子どもたちに迷惑をかけず、住み慣れた自宅・地域で最期まで住み続けたい、高齢者の皆さんの希望。

この心配を解消し、希望を叶えるために、看護小規模多機能型居宅介護を開所することにいたしました。

看護小規模多機能型居宅介護事業の特徴

● 24時間・365日の自宅介護支援

ご利用者の状況に合わせて、自宅での生活を維持するために、24時間・365日の体制です。

● ご利用者の生活スタイルに合わせた支援(必要な時に必要量の支援)

そして、訪問・通い・泊まりはご利用者の生活スタイルに合わせ、必要な時に必要量の支援を行います。

 

例えば、朝食を作るだけの訪問。

    夕方、入浴をするだけの通い

    訪問をしたら、体調が悪く、そのまま連れて宿泊。

 

もちろん、万が一寝てきりになっても・・

 

例えば、訪問看護による、服薬管理・健康チェック

    昼食を食べに来るだけの通い

    今日は帰るのが不安・・という心配解消の宿泊

 

などなど・・サービスの内容・時間を優先するのではなく、ご利用者の生活に合わせ、

病気や怪我、年相応に失われた部分のフォローをすることで、今までできるだけ変らない生活を支援することができるのです。

それにより、介護度1でも介護度2でも、昼間は、畑仕事を行い、近所とのお付き合いをし、夜は、お風呂だけ、夕飯だけをお手伝いする。という支援が可能なのです。

ご家族との同居の方もご利用ができます。ご家族の負担の軽減や、心配や不安の相談。いざと言う時に、24時間365日対応いたします。

ご利用者本人が、病気などにより身体が思い通りに動けない・・ベットでの寝たきりの状況になった場合でも、ご利用者・ご家族が自宅での生活を希望し・最期まで住み続けたいという希望にも対応することが可能です。訪問看護と主治医との連携によりご家族が遠方に居ても支援をすることが可能です。

遠方に住む、家族の心配解消へ

近状の方の関わりが多いのも、中条地域に特徴です。

しかし、家族にすれば、仲がよい、顔見知りだけど、ご迷惑をかけることに抵抗を感じる方もいるのではないでしょうか。

近所の方がいるからこそ地域で暮らせる安心がありますが、家族から見ると・・自宅ではどんな生活や支援をもらっているのか・・心配ですよね。

ぜひ、当事業にお任せ下さい。

日々の生活の支援はもちろんですが、例えば家族から実家へ電話したけど、電話に出ない。心配だ・・等、ご連絡をいただければスタッフが訪問をいたします。

介護保険を利用するサービスですので、お気軽にご連絡下さい。

 

介護保険をまだ申請していない方もお気軽にご相談下さい。担当ケアマネジャーがおりますので、介護保険の説明・申請の代行・サービスの説明も行います。

現在、介護保険サービスをご利用の方もお気軽にご相談下さい。必要な支援を行います。

 

詳しいパンフレットを準備しています。ご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

介護保険事業「Sun club(燦倶楽部)」

燦倶楽部 燦倶楽部 中条 燦倶楽部 犀北 燦倶楽部 西河原
令和2年4月信州長野市中条に「看護小規模多機能型居宅介護事業」開所! 令和2年4月信州長野市中条に「看護小規模多機能型居宅介護事業」開所!スタートスタッフ大募集!! 農産物SHOP 空き家を紹介させてください!! 中条村家屋紹介 管理人ブログ マイナビ2021

 

燦倶楽部の募集はこちら↓

マイナビ福祉・介護のシゴト

 

燦倶楽部犀北(西河原)の募集は
こちら↓

マイナビ福祉・介護のシゴト

 

燦倶楽部中条の募集はこちら↓

マイナビ福祉・介護のシゴト